てっちゃんの歌唱集 1

直線上に配置
負けない投資術、そのポイント
皆さんは人生設計を考えた事がありますか?ありますよね。私の将来、どうなるんだろう。これ、人生設計なんです。年金も怪しい、銀行も怪しい、どうします?自分で運用するのがベターなんだけど自信がない。でもね、人まかせはよくない。甘えちゃいけません。私が30年以上かけて(数千万円の授業料を、億?払っているんですよ。自慢にならないけどね)築いた「勝ちパターン」を是非皆さんのモノにして下さい。いつの世も10倍儲けた、20倍儲けた、かならず儲かる必勝法を見つけたなんて話が出てきます。そんな人たちは5〜6年たち、10年たつといつのまにか姿が消えてます。それが私の見てきた現実なんです。信用取引は50%ラインに維持して下さい。市況状況によっては最小限度の損切りも必要です。私はこれを「信用取引きの現物的利用法」「50%投資法」と呼んでいます。追証ラインは通常25%ラインですから、逆張り戦法、待ち伏せ戦法を基本とすれば、よほどの大暴落でも起きない限り追証にはなりません。それと、「引きナンピン」はしないでください。1ケ月か2ケ月に一度、キチンと利益を確保して下さい。私のやりかただと、超短期で急騰することもある。いわゆる成長株投資、業績変化率を買う、PER,PBR,割安株を買う。大勢においては正しい。しかし、一定の期間を区切って割安、割高を判断しようとすることには無理があります。つまり時代の流れ、流行からみれば、株価収益率の持つ意味は大きく変わってきます。大きな成長分野においては何十倍、何百倍に買っていってもなお「割安」かもしれないのです。しかも企業はグローバル化を強め、何が本業なのかわからない会社が増えている。その意味では必要以上に投資理論に傾斜していくのは、むしろ危険である。先行投資をする場合に、収益拡大の評価が出るのは先の話であって、目先的、一時的にはむしろ収益圧迫要因となるのです。大学の経済学教授、株式評論家の多くの方が実際には株で損をしているという皮肉な事実があります。「株は大局観」ということ。詳細な経済分析はあくまで「参考」とお考えになったほうがよいと思う。臨機応変、柔軟な発想というのは、いつの人生においても必要なことです。
買い出動するポイント
1、むちゃくちゃ下ってる株。連続陰線の日柄はどうか。
2、日足最終段階の下ヒゲが長いものほどよい。
3、誰もが振り向きもしない。
4、需給が、枯れてるほどよい。コツンときた感触。
5、全般が超閑散場面であること。
6、右を見ても、左を見ても、悪材料だらけであること。
7、ただし、少数意見の中に下値メド、その根拠が散見されること。
8、とても恐ろしくて、手をだせない下落段階にあって、陰線(丸坊主)が長いこと。
9、過去のチャートから、日柄は十分かどうか計算する。フシを見る。
10、ザラ場、板の動きを注視する。
11、チョウチン、狼狽売りの大口をマーク、小刻みに数段に分けて「合わせ」ぶつけていく。
12、同種の銘柄の空気、傾向を観察する。
13、為替、商品、海外からの影響度を最終チェック。
14、他の手が追随するかどうか、反応を探る。市場循環のサイクル。
15、月末、週末、SQ、日時の習性を見る。午前、午後の動きを読む。
16、最後に、大勢を俯瞰する。おもむろに、出動。
メルマガは無料配信を基本にしますけれど、一部限定事項については有料(
半年18000円、年間3万円)です。無料登録者に週2回(別個に増刊号発行)。有料購読登録会員に週5回(原則。別個に増刊号発行することもある)。先物・オプションは一般株式とは別個の取引ですので、専門メルマガを毎週定期に別途発行します。年間48000円。初歩から解説。先物・オプションの仕組みをよく理解したうえで取引を開始してください。フリコミ口座は下記の通り。
フリコミ後に、メールで貴方のメールアドレス、住所、名前、年齢、職業、電話番号をご連絡下さい。
三井住友銀行・上野支店(普通)683351、みずほ銀行尾久支店(普通)1422120、
みずほ銀行亀有支店(普通)863799、口座名はすべて、「マツウラテツオ」です。
有料購読会員登録費半年18000円、年間3万円、特別割引2年間購読登録費5万円です。
有料会員には有料会員専用の携帯電話番号が通知されて当会と常時連絡が可能となります。
個別の質問権が付与されることになりますから、メール、電話等、ご質問を自由にどうぞ。
発行回数は無料会員へ原則週2回、有料会員へ原則週1〜4回です、不定期で増減有り、中断の時は延長処置。増刊号発行もあります。会員期間は特にご本人からの連絡のない場合、延長となります。投資行動は自己責任です。
講演等ご依頼の場合は実費をちょうだいいたします。投資家の皆様が大きな利益をあげて、
さらに投資技術を磨くことを期待します。まず、
利益を出してみましょう。

振り込み後、メールにて連絡下さい。


2006、11、14付けの私のメルマガに「まぐまぐの動物占い」が紹介されてます。試しに私自身を占ってみましたら、以下のような診断が返ってきました。思わず笑っちゃいましたねえ!わたしのキャラはサルだそうです。当たってるかどうか、ご想像に任せます。参考までに載せておきますが、もちろん私の文章ではありません。

茶目っ気たっぷりの活動家
人マネの上手いサルのように、何事も器用にこなせるけど、何しろじっとしているのが苦手なので起きている間は複数のことを同時進行しちゃうくらい活発に動き回ります。しかもおだてにめちゃめちゃ弱く、褒められるとなんでもやっちゃう人気者。でもなぜか恋に対してだけは不器用。駆け引きできない直球勝負型で傷つくことも。恋人には持ち前の明るさで場をにぎやかにし、甘えたりするかわいい恋人になります。

てっちゃんの四柱推命、運勢学
(株占い)


十干

10種の「天の気」・・甲、乙、丙(へい)、丁(てい)、戊(ぼ)、己(き)、庚(こう)、辛(しん)、壬(じん)、葵(き)
十二支
12種の「地の気」・・子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥
(ね、うし、とら、う、たつ、み、うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、い)

森羅万象を形づくる「木・火・土・金(こん)・水」の五行の気を、10種の「天の気」と12種の「地の気」に
分けたものを
干支(かんし)と呼ぶ

四柱とは「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」を言う

トップ アイコントップページへもどる   次へ
てっちゃんの写真館
亀井先生は国務大臣国土庁長官、国民新党幹事長。
景山先生は自由民主党参議院筆頭副幹事長。
故・桜内先生は衆議院議長、外務大臣。
青木先生は内閣官房長官、自民党参議院議員会長。
故・竹下登先生は大蔵大臣、内閣総理大臣。
それぞれ歴任されました。
お世話になりました。

私の自宅の一階、京間8畳のこじんまりした小さなこの部屋(江戸間換算、10畳)には国会議員、県議会議員、市議会議員の皆さんをお迎えしました。東大医学博士の娘婿(いずれは東京大学教授確実)も、東大医科学研究所助教・大学准教授の甥(「ガイアの夜明け・地域医療特番」「みのもんたの朝ズバ」等に出演)も。
写真は広島大学勤務の三女です。



                                                                   演歌歌手松本ゆかり

竹下登総理大臣、横綱大鵬、トップ演歌歌手の赤坂小梅(浅草で入手したオリジナル写真、たぶん未公開でしょう)

<紅の舟歌>は国民的ヒット曲、すばらしかった・・・、北見恭子さん(私の店で)  

 高校卒業以来、40数年ぶりに当時の担任の先生との再会・妻の恩師ご夫妻(英語教師)



「妻の親友」ご夫妻(越谷市)。太鼓谷稲荷神社に4人で初詣で。ご近所付き合いで40年以上。